自転車を漕ぐのは健康にどれだけいい?

自転車をこぐのは、とても良い有酸素運動になります。
実際、スポーツジムでもエアロバイクは何台も備え付けられていますし、スポーツ選手でも走り込みなどの有酸素運動は絶対に欠かせられないメニューになっています。

自転車を漕ぐのは、有酸素運動の中でも全身運動に該当します。

足で漕ぎますが、足を動かすということはお尻のお肉などにも効くので、広い範囲に良い影響があるんです。
下半身のダイエットにとても有効的なこの方法は、普通に自転車に乗っているだけでできますよ。
もちろん、食事管理や生活リズム改善などは必要ですが、自転車に乗って通勤や通学などをするだけで、大きい効果が期待できます。

具体的には、大体20分以上乗り続ける距離なら効果があると言われており、有酸素運動で脂肪が燃焼されるのは20分以降ですので、だいたい30分から40分ぐらい乗り続けると目に見えて効果が出るはずです。
坂道の有無などもありますが、自転車でだいたい30分以上はかかると思われそうな道なら、是非自転車を使ってみてはどうでしょうか。